2020年3月アーカイブ


お笑い芸人で、一世を風靡した「ザ・ドリフターズ」のメンバーである、志村けんさんが新型コロナウイルスにかかって亡くなられました。この報にびっくりしただけでなく、あらためて新型コロナウイルス感染の怖さを痛感。まだ70歳と若くて、主演映画に出られなかった無念さが伝わり、何とも悲しいニュースです。

週末は季節外れの積雪(1㎝)もあって、外出を自粛。家で数独や新聞、駅ハイパンフレットやチラシの整理でのんびり。


駐輪場申し込み

令和2年度市内駐輪場利用の申し込みは、新型コロナの影響で、郵送を奨励し、9日から受付が始まり、ハトちゃんも遅ればせながら、20日に郵送。ところが、25日になっても返信が来ません。仕方なく市役所防犯安全課に問い合わせたところ、処理中とのこと。返信が届いたのは、27日(金)夕方で1週間かかりました。利用料金を払う取り扱い場所が銀行だけで、早くても月曜まで手続きできません。
銀行で利用料を払って郵送し、ステッカーが到着するのを待っていると、また1週間かかりそうなのと、文書にはステッカーが到着するまでは利用できず1日100円の使用料がかかると書いてありました。

1日から利用するので、手っ取り早いのは、直接受付が始まるので、申請用紙と利用料を持って、市役所へ。200330 (3).JPG
200330 (4).JPG200330 (2).JPG
200330 (1).JPG
1階フロアの特設会場で手続き。例年、初日は大混雑するのに、郵送者が多いのか、ガラガラ。記入事項は書いて行ったので、すぐ終了し、ステッカーをいただきホットしました。

会場前に立っていた職員に聞くと「今回は、特殊事情なので、4月1日以降、一定期間ステッカーが貼られていなくても、一時利用料はとらないようにします」とのこと。公にはできなかったのでしょうが、文書に記載して、駐輪場の管理事務所にはその旨、徹底してほしかった」と言いました。

2カ月ぶりのハミングロードは、分譲地に多くの建物が建っていてビックリ。歩行者・自転車通路沿い200330 (5).JPGいっぱいに建っているので、桜並木の景観がそこなわれました。桜の古木もだいぶ散り始めていて、道路に花びらが散乱。それでも強風や悪天候に負けず200330 (8).JPG200330 (7).JPG200330 (6).JPGに、遅咲きの桜が可憐な花をつけていました。「さくらまつり」(今年度中止)の会場になる、大久保東小学校前の桜並木通りは満開でしたが、人通りはほとんどありません。

今後もウイルス感染の脅威は続くでしょうが、一日も早く心の休まる日が来るのを待っています。
まず、今回の新型コロナに感染し、お亡くなりになった方々へのお悔やみ、感染して闘病生活をしている方々に心より御見舞い申し上げます

28・29日の週末は、県知事の「新型コロナ感染爆発に備えて、都内への不要不急の外出は控えてほしい」の要請にしたがい、家で過ごすことに。

200329 (1).JPG200329 (2).JPG200329(4).JPG土曜、日曜と強風が吹いて雨が降り続き、とくに日曜は前日とうって変わって気温が急降下。千葉でも10時過ぎから雪が舞い始めました。
桜はだいぶ散ってしまい、出かける人は少ないでしょう。ある意味、悪天候に助けられました。

しかし、ニュースでは1日の感染者数が東京で63名(一番多い)、千葉では、義兄が住んでいる香取市の隣り町(東庄町)の障害福祉施設で集団感染58人が発生しました。要請があったにもかかわらず、急速なスピードで感染が拡大しています。「緊急宣言」が出て、首都封鎖されるのも、時間の問題ではないでしょうか?

人が出かけなくなると、観光地はもちろん、流通や交通機関も制限あるいはそれ以上の措置がとられるかも知れません。すでに、中小企業や小売店、観光業をはじめ各分野の経済損失は莫大な損失になっていますが、これ以上感染が進むと、社会生活、経済・文化活動もさらに深刻な状況に陥ると思います。

パニック心理が一部広がって、スーパーなどのまとめ買いも発生しています。

千葉市では学校が再開、習志野市でも公共施設の一部が再開されましたが、また休みになる可能性が高くなっています。当分の間、公共施設の閉館、都市や街の封鎖が広がって、経済活動が停滞し、我慢を続ける生活になるでしょう?早く感染予防の朗報が聞けることを期待しますが、難しいのかも。へたすると、1年以上かかってしまうかも。

すでに起こっている生活破壊、雇用・失業など経済支援も含めて、該当者に所得補償、雇用確保を早急に実行してもらいたい。日本全体でいまできる最善の施策をスピィーデーに実行し、国難をみんなで乗り切るしかありません。

小生も感染することに神経を使い、人が集まる場所を意識し、マスクをしていない人や咳をする人がいればその場を去ってしまう。今までほとんど気にしていなかったことに、敏感に反応してしまう自分にも、ちょっと嫌気がさします。晴れた日には、散歩、筋トレでもして体力、免疫力を保つ努力をし、見えない敵」に人類は絶対勝つことを信じて、いま自分にできることを続けていきたい。


 

新型コロナ感染で4月16日まで延長された確定申告のため、3月27日(金)千葉西税務署まで、自

200327(5).png転車で約15分かけて行きました。

確定申告は、以前から長蛇の列。朝は年配の方が早く来ていて、1時間以上立ったまま順番待ち。トイレに行くのも遠慮するほど。半日近くかかって、大変くたびれた印象があります。

しかし、本日は東京都の小池知事や千葉の森田知事の「週末の不要不急の外出は自粛してほしい」という要請があった影響で、税務署はガラガラ。


ハトちゃんは、業務開始8時30分の15分前に到着。駐輪場には1台もなく200327 (2).JPG、案200327 (1).JPG内の臨時整理員に促されて一番前に停めました。作成会場前に並んでいたのは3人。その後ろに立って待ちましたが、定刻少し前に建物内に案内されたのは来訪者10人のみ。

パソコン・スマホのオンライン稼働が9時だったので、2mぐらいの間隔をあけて時間待ち。

定刻になって、順番にパソコン会場へ。昨年までは自分で入力していましたが、補助員が多人数いて

200327 (4).JPG自力よりも補助員の入力が速いので、入力をお願いし確認するだけに。なお、今年から年金や社会保険料、生命保険料などの帳票を添付しないで自分で5年間保管することになりました。結果、一番で申告書作成ができて、提出受付で印刷、控えをいただきました。受付に並んで提出するまでの時間は45分。入力・提出だけは約15分と異例の速さで終わりました。

 

最後に、税務署職員と補助員に御礼の挨拶とコロナの影響と申告期間が延びたことによる大変さをお聞きすると、「出足は、いつもの1/5程度の入りで午後はもっと空いてくるでしょう。手伝える期間が限られている人もいる」とのコメント。コロナ感染予防の中での仕事をねぎらって帰宅の途に...。

 

用事が無ければ税務署にはほとんど行きません。いつも申告は疲れますが、今朝は全然疲れず。若干の還付金がもらえることになり、妻に報告したいと思います。


新型コロナの感染が世界中に拡大する中で、23日~25日の東証は、先週末までの続落が一応止まって急反発。米国の経済対策、東京オリンピック・パラリンピックの1年延期がやっと決まって好感したのだろうか? しかし、明日以降は、感染の状況が再び激しくなれば予断を許しません。25日今夕、速報が流れ東京都で週末外出自粛要請が都知事から出ました。

ハトちゃんは、24日、25年前に仕事のお付き合いで買った外貨預金を、全部解約。というのも、先週はじめ、株の急落・原油安・円高が進み、一時ドルが105円台まで下がりました。その後、アメリカの経済対策に期待をかけて、ドル高円安にふれました。一時は100円を割る予想も出ましたが、円安でラッキーでした。

105円台では大幅な損失を覚悟しましたが、110円に戻ったので、とりあえず清算することに。結果、以前の投資商品とあわせてプラスマイナス0程度で終了。

一時、円が100円を割るかと気が気ではなかったのですが、今回は先行きが不透明なだけにどう転ぶかわからないので、これ以上持っていると精神的にも悪くなりそうなので、ちょうど区切りだと思い、10年ぶりに銀行の窓口に手続きに行きました。その後、皮肉にも円安が続いて、もう少し持っていればと...。
欲をかくと失敗するので、ちょうど潮時でした。

今回、感じたのは、個人投資家は利益をとるのが難しく、やはり元本割れがない商品を持つことが賢明だということです。

ブラックマンデー、リーマンショック&東日本大震災など、何回か急落を見てきました。何が起こるかわからない経済状況下では投資の難しさ、怖さを十分に実感しました。

3月22日、3連休の最終日。東京では(ソメイヨシノ)が、平年より12日、昨年より5日早く満開になりました。しかし、今春は新型コロナウイルスの感染で、花見をする人が少ない。宴会をする人は見られず、マスクを着けて家族ごとにゆっくり花見を楽しむ光景が目立ちました。歩きながら花見をしたり、写真を撮る程度。それでも確実に桜が咲いて、日本の四季の移り変わりを感じました。

さて、ハトちゃんはいつもはこの時期、観桜のため駅ハイに出かけていましたが、今のところ3月31日まで全コース中止になっているので、仕方なく近所の公園と中学校の花見で代替えすることに。

千葉は、東京に比べ少し開花が遅く、六分咲き程度。自宅の坂道を下って3分ぐらいのところに、特200322 (2).JPG200322 (4).JPG200322 (3).JPG別養護老人ホームがあります。その前に、芝生広場が広がる「屋敷ふれあい公園」。園内にはベンチもあり、春の陽光を浴びてハナモモソメイヨシノが咲き、コロナ問題で不安な気分がなごみます。久しぶりに、こどもたちの明るい笑顔にも接することができました。



翌23日は、眼科受診のためポツポツと雨の中、チャリンコをとばして診療所へ。早朝、いつもなら中学生が通る「ふれあい通り」も、生徒の姿はありません。通りで生徒たちを見かけたのは、卒業証書授与式の日だけ。

通りに面して桜並木だけが目立ちますが、やはりこの道を生徒たちが歓声をあげて通る姿が待ち遠しくなりました。桜の古木の中に1本だけ、太い幹の横か200322 (7).JPG200322 (6).JPG200322 (5).JPGら枝木が生えていて、しがみつくように地面から50センチぐらいまで花がいっぱい咲いている珍木があります。さらに、ふだんはなかなか入れない中学校の校門が開いていたので、事務の方に断って、校庭内のを撮影させてもらいました。

習志野市の桜の名所である、京成大久保駅周辺のハミングロードで毎年開催される「さくらまつり」(イベント)も残念ながら中止となってしまいました。
仕方がないので、天気の良い日にゆっくりと歩きながら花見を楽しむしかありませんネ。


 

20日(金・祝)は春分ハトちゃんは野菜や日用品を約6㎏持って、中央線西八王子駅へと向かいました。

千葉では雲行きが怪しくなって強風が吹いていましたが、都内に入ると冬晴れ。三鷹駅でちょうど隣りホームに来たホリデー快速「ビューやまなし号」に乗り換えました。休日のみ運行の列車でしたが、特急使用の車両。自由席も2階建てで、久しぶりにリッチな気分。1階部分に座り、ホームでは乗客を

200320 (2).JPG下から200320 (3).JPG見上げます。調子に乗って、車窓から風景写真を撮っていました。立川駅200320 (1).JPG手前で隣席のハイキンググループの一人が新宿駅に財布を忘れたことに気づき電話。見つかって喜んで騒いでいたのに気をとられ、座席横にカメラのケースを忘れてしまいました。

西八王子駅から、当該電車に連絡して探してもらいましたが、結局、出て来ませんでした。


その後、駅南口ロータリーで待っていたの車に同乗し、町田街道から高尾の山間にある都営八王子霊園 へ。休日お彼岸ということもあり、車が渋滞。帰りの渋滞を覚悟しました。

道中、石材店などが並んでいて、お花を販売中。歩いて霊園に向かう人たちも見かけました。晴れて暖かくなり白いコブシの花が満開でしたが、は1分咲き程度。

霊園内の駐車場はほぼ満車。園内は晴れて暖かくなり、風も穏や

200320 (5).JPG200320 (6).JPGか。車道の脇に広大な芝生が広がり、墓石は同じ形状で色、質が違 っていて多数並んでいます。芝生はきれいでしたが、雑草もところどころ目立ちます。今回も小鎌を忘れてしまいました。枯れた芝生に燃え移らないように「線香の火注意」のアナウンス。

すでに来て、きれいな花が飾られている家もありますが、1/5程度。

が満80歳で19年前に他界して以降、母は実家で一人暮らしを続けていて、春分・秋分の日6月の命日に、墓参を続けていますが、ここ1年、母は来ていません。が折りたたみの小さいイス、線香、お花、供え物などを用意。 亡父の好きだったビール、お菓子、おはぎなどを供え、近況報告と雑談。

は、1年1年が心配ですが、歩くのに不自由があるのと耳が遠くなったぐらい。軽い認知症が見られますが、こちらの言うことも理解できている状態。新型コロナも何のその、ヘルパーさんか週4日、デイサービスにも2日行っていて元気です。

30分ほどの墓参。帰りの道路は、車が少なくてスムーズ。途中にある和食レストランとんでん」で昼食。その後、京王線のめじろ台駅まで送ってもらい別れました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

200320 (8).JPG200320 (7).JPG200320 (9).JPG帰りに運動不足をカバーするために、幕張台公園へ。は咲いていましたが、都内に比べ遅くて枝の先に淡い色で小さな花びらが...。それでもシートを敷いて楽しんでいる花見の家族を3組見かけました。



新型コロナウイルス感染拡大は、世界中に拡がり「パンデミック」宣言も出て、深刻な状況にあります。

3月23日オジン隊で参加予定の赤羽駅ハイは中止となりました。今回は記事がないので、メンバーのメールの抜粋を紹介いたします。

 兼子隊長より

 駅ハイのHPで中止を確認しました。先月の状況より、事態は深刻ですね。病院も検温したり、神経使って大変です。私も少し運動不足で、歩かないとと思っているのですが、買物とか病院とか必要最小限で過ごしております。

 ただ、こんな時ですが、気分一新のために、私は赤羽の荒川土手を歩いてみようと思います。桜満開もありそうです。
 4月以降の駅ハイはどうするか、またメールでやり取りすることにしましょう。HPをみていたら、京葉線の葛西臨海公園駅がありました。街中より安全かも。

 山根副長より

 JR東日本も苦慮していますね。4月以降の駅ハイのパンフレットがあったのでもらっておきましたが、4月以降の状況も予測できない感じですね。
 このところ、やや歩き不足ではありますが、日中友好協会の関係や五月会の関係で、東京周辺に行くことも多く、なんだかんだと週3日くらいは1万歩以上歩いています。ただ、都内やスーパーなど街なかを歩くより、郊外を歩いている方がかえって肺には良いかもしれませんね。

 いま巷では、トイレットペーパーが少しずつ出回ってきたかなと思いますが、相変わらずマスクが手に入りません。洗って、殺菌スプレーをして使い回ししています。洗ったりすると効果がないなどと言われていますが困っちゃいますね!
 4月以降の好転を期待しています。

 遠藤副長より

 中止は、仕方ないと思います。4月に再開できることを期待しています。
 私も注意はしていますが、柏の繁華街にでることもあるので、心配な点はあります。
 では、皆様のご無事を祈っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年は、靖國神社のソメイヨシノが14日に開花(観測史上1位の早咲き)。週末には満開で見頃になると思いますが、自粛や規制があったりで、あまり楽しい気分になれません。昨年4月20日に赤羽駅ハイにハトちゃんが参加し190420 (9).JPG190420 (10).JPG190420 (11).JPGた時の受付(ジェクサー・フィットネスクラブ赤羽)周辺の花壇と、道中の八重桜190420 (3).JPGを思い出しながら、気分転換したいと思います。




10日(火)からは千葉健生病院健康友の会の機関紙「友の会だより」の発送作業

友の会事務局では、新型コロナウイルス感染の関係から、ボランティアの自主的判断で参加することになりました。11日午後には宛名シール貼りは終わりました。小生は、12、13日は母の病院の付き添いでお休み。

週明けの16日は、印刷所から金曜に届いた「たより」に、チラシ2枚を挟み込んで帯封作業。9時過ぎに一番で事務所へ。早速、作業を開始。10時過ぎから徐々に作業ボランティアが増えました。和気あいあいで作業を続ける中、話題はどうしても新型コロナウイルスのことに...。

ハトちゃんは、午前中で作業を終えて自宅へ。帰りに雲行きが怪しくなりポツポツと雨が降ってきましたが、何とかセーフ。その後は、急に晴れたり雨が降ったり。10m以上の強風が吹き続き、外は寒くて生協に注文品を取りに行っただけ。


17日(火)は、定期健診。朝食抜きで腹がグーグー。採尿は10時まで我慢できそうにないので、
200317 (1).JPG
200317 (3).JPG200317 (4).JPG
200317 (2).JPG早めに診療所へ。終了次第、「友の会だより」発送作業の続き。昨日の強風が抜けて、冬晴れに恵まれ友の会デーは、いつもは室内中心ですが、コロナの影響で、今月は診療所前 「食料品販売」と「署名活動病院・診療所駐車場 「衣料雑貨販売」の2カ所(室外)で実施しました。写真を撮っていると、娘が学童保育でお世話になったSさん(保母)に偶然、出会って立ち話。パンなどを買っていただき、ご協力いただきました。200318 (2).JPG200318 (1).JPG

明日のNPT&世界大会派遣を支援する「ともちゃん食堂」も室内で食べてもらうのではなく、「からあげ弁当」をつくり、協力者に持っていってもらいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

駅ハイは、3月31日まで全コース中止になり、今年度、参加は91コース(ただし、事務局から今回の特別措置で1カ所100㎞追加を除く)に終わりました。昨年は96コース。


ハトちゃんは、3月1213日 とJR津田沼駅で待ち合わせて、八王子の実家へ。みどりの窓口で

200312 (1).JPG200312 (2).JPGきっぷを買う際も、いつもは並んでいるのにガラガラ。駅員も手持ち無沙汰。「旅行やきっぷのキャンセルが多くなっている」とのこと。野菜を9.2㎏リュックに背負って出発。

10時過ぎの電車ということもあって、ずっと座れました。車内の7人がけ座席は、平均7人中5人がマスクスマホで、花粉症の時期とはいえ、異様な光景。新型コロナウイルスの影響で学校が臨時休校中なので、生徒はほとんどいません。

西八王子駅に到着後、近くのスーパーで買物とイートイン。実家に着いて、娘は夕食のシチュー作り。夕食後、四方山話に花が咲きました。駅前で買った「クロスワードパズル」誌を解いて、まだまだがボケていないところを証明。その後、テレビも観ずに早めに就寝。


翌日、福祉タクシーが迎えに来ましたが、3人乗りだったため、娘は徒歩で。


小生は、母の定期健診である内科循環器科付き添いましたが、いつも混雑していて座れるイスも少ないのに、本日は患者さんが極端に少ない。人の集まる場所への自粛の影響でしょうか? さすがに内科は来ていましたが、咳をする方がいると、みんなの視線がそちらへ。熱が37.5℃以上の方は、別の場所へ案内。

受診した二つの科は、予約していても30分以上待つのに、今日はほとんど待た

0200313 (2).JPGずに。整0200313 (1).JPG形外科は緊急性が少ないのか、一人しか受診者がいませんでした。


帰りは、福祉タクシーに母を乗せた後、中央線特別快速を利用して16時半過ぎに自宅へ(いつもなら17時半過ぎ)。


それにしても、コロナウイルスの世界的拡大で、感染者が13万人を超え、WHOの「パンデミック(感染の世界的大流行)」宣言、株価はブラックマンデーを超えて連日急落。イベントや娯楽施設、スポーツの中止や延期、開催されても無観客実施など、先行き不安が募っています。

14日は冷たい雨からみぞれが降りしきる中、「憂鬱な日がいつまで続くのであろうか?」 と、つい考えてしまいました。



早いもので、3.11東日本大震災から9年が経ちました。午後2時46分、習志野市でも市長の挨拶とともに黙とう。死者1万5千人、行方不明者や震災関連死を含めると2万人以上の方々が犠牲となり、いまだ4万人を超える避難者が仮設住宅などへ。

とくに福島原発事故の影響は、汚染水処理をはじめ原子炉の調査や廃棄など難しい問題が残っていて、住民が住んでいた土地に戻れたとしても、心配と不安が付きまといます。

あらためて、震災に見舞われた方々のご冥福と、残された方々の苦境からの再生や頑張りに敬意を表させていただきます。

震災当時、習志野市東部体育館に運動に行っていて、館内で地震に遭遇。激しい揺れで、傍の壁に手を添えないと立っていられず、アリーナの天井板が数枚、床に落下し、他の方々と避難。
その後、留守番をしていた娘のいる自宅まで戻る際、途中の神社の外壁が倒れて、道を塞いでいたり、踏切は遮断機が下りっぱなし。自転車を遮断機の下をくぐらせ、慌てて戻りました。

自宅に戻って被害状況を確認。庭の灯篭は倒れてバラバラ。室内は本棚が倒れて本が散乱。壁にひびが入ったのが5カ所。幸い、娘は無事で、家具や台所用品も地震の揺れの方向の関係で、倒れたり壊れずに済みました。ただし、余震があるたびに、二人でビクビクしていました。家族に電話連絡。妻と息子も無事でした。

その後、テレビを点けて、三陸海岸の大津波を見て、これは嘘だろうと。パニック映画シーンが現実に起こっているのを信じられませんでした。さらに、福島原発事故も報道され、チェルノブイリ原発事故よりひどい惨状を知り、心を痛めました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いま、新型コロナウイルス感染拡大で世界中が大混乱。連日、トップニュースで報道され、いつごろ終息に近づくのか、先が見えない状態。経済や社会に対する影響は、日増しに深刻になり、経済界では株価の急落、為替の円高、原油安のトリプル安。日常生活でも、マスク着用、手洗いといった予防に加え、各界のイベント中止や人が集まる場所はできるだけ避けるなど、感染に敏感になってストレスも倍増。とくに中国をはじめ海外と取引のある会社・商店や個人は、仕事ができなくなって大幅な収益ダウンや倒産、先行きが見通せない状態が続いています。

「見えない敵」に負けたくはないのですが、連日の感染情報や周囲の会話から、意識までも悲観的になって来るこの頃です。


明日は、気分転換してと一緒に、実母の家に泊まって、翌日、病院への定期健診に付き添いますが、十分注意し帰って来ようと思います。




10日は降ったり止んだりで一日中、雨。早朝、ハトちゃん友の会事務局に着いたときは、雨が小降りになりました。結局、たすけ愛で予定していた草取り2軒のお宅は、雨天で中止になることと、新型コロナウイルスの拡大を考慮して、4月以降に延期することを電話で連絡。

挨拶して帰ろうとテーブルの上を見ると、「友の会だより」の宛名シールが打ち出されて、地域ごとに分類されていて帯封に貼れる状態になっていたので、予定を変更してシール貼りを手伝いました。


本日は、午前中、一人だけ。今月の発送業務は、コロナの影響で、ボランティアさんも自分の判断で、気になって来れない場合は来なくてもよいそうです。手伝える場合は、自己責任でマスク着用と手洗いを十分に行って作業に来るようにとのことでした。今月のボランティアは人数が減りそうで、作業効率が悪くなり、負担がかかりそうです。

急遽、ふれあい名画館」「新春のつどい」のイベントやサークル、ボランティア活動も中止や一部変更が相次いでいます。

明日は、3.11震災復興支援・海産物バザーが診療所玄関前の屋外で行われますが、講演会は屋内で行うため中止に。県下では、コロナウイルスの拡大で、人が集まる場所への自粛も要請されている地域もあり、病院や診療所への出入りも控える方が増えつつあります。

本音で、一日でも早く鎮静化して、楽しいお花見ができると良いですネ!








週明けの9日新型コロナウイルスの影響で、投資家心理が不安になり、円高・株安・原油安が一段と進みました。世界各国の感染拡大や日本の危機意識による首相要請など、いつになれば終息に近づくのか、本当に社会・経済状況も悪化の一途をたどっています。

自分たちの周囲でも、市川市で「外出自粛」を市長が要請するなど、生活不安がどれだけ続くのか、何となく憂鬱な気分と、神経がピリピリ。ストレスになっています。

さて、ハトちゃんは一昨日の草取りによる左腰の筋肉痛はありましたが、毎200309 (1).JPG月1回の友の会花クラブ。9名参加。腰を曲げて花植えや草取りができないので、もっぱら診療所裏の生垣のまばらに伸びた枝の剪定。

10時から1時間の作業。今年は暖冬の影響で、桜の開花が2~3週間も早まる予報。雑草もだいぶ伸びが早いようです。

11時から40分 打ち合わせ 来年度の三役が決定(小生は副代表)。


昼食後、午後1時~2時、病院職員との合同草取りがあり12名が参加(うち花クラブ7名)。

国道14号線沿いの花壇。長年、放置していたので、茅が50センチぐらい垂れ下がってびっしり。鎌を使って切るのも難しく、剪定ばさみや長ばさみで茎の部分を切っていましたが、そのうちスコップで根を掘り起こしました。しだいに晴れてきて汗をかきながら悪戦苦闘の末、見違えるほどきれいになりました。葦に隠れていた水仙が表れてビックリ。

そのほか、道路沿いのため、犬の糞や空き缶・ペットボトルなども捨てられていましたが、取り除くと立派な花壇に...。結局、見えなかったり、汚いとまとめて捨てたり、投げ捨てて行く不届き者がいるといるんですネ。

ハトちゃんは、長ばさみで茅を切る作業が一段落すると、70ℓ の業務用ゴミ袋(黄色)に、枝や雑草を集めて入れました。千葉市では袋が有料なので、できるだけ多く詰め込みました。ゴミ袋は計14個。


200309 (2).JPG200309 (3).JPG作業前       作業後200309 (9).JPG

 200309 (8).JPG

 


予定時刻を15分オーバー。やっと花壇側が終わりましたが、道路側は次回になる模様。

200309 (6).JPG

人海戦術共同作業をすると、短時間で成果が表れ、達成感が得られます。

終了後、冷たいお茶が支給され解散。


その後、編集室で5月の定期総会資料の検討。小生の案に有意義な意見が飛び交い、まとまるまで1時間20分。腰の痛みも忘れるほど、本日は友の会活動に終始しました。明日も10時に友の会へ草取りに行きます。


3月7日は、くもり時々小雨。

雨が降らないうちに、昨日に続き庭の草取り。いったん、雨が降り出したので休憩。11時前に、いつも筋トレに行く京成実籾駅周辺へ。


スーパーに寄って、妻に頼まれた買い物。もう少しで、トイレットペーパーがなくなりそうなので、一200307 (1).JPG200307 (2).JPG応、棚を覗きましたが、新型コロナウイルスのため空っぽ。


200307 (3).JPG
その後、別の店へと。途中、東習志野の文教公園に、河津さくらが満開でしたが、人影は見えず。全然、楽しめない気分にガッカリ。

いつもは子供たちの歓声や姿が見えるのに、学校、教育センター、幼児教育施200307 (4).JPG200307 (5).JPG200307 (6).JPG設、体育館など、軒並み休館中で、閑散としています。



図書館、体育館出入り口には、休館の張り紙。体育館前で、昼食の弁当を買いに来た体育館長に遭遇し挨拶。仕事で来ていて、5~10件、開館しているかの問い合わせがあるそうです。隣りの船橋市は、3月末200307 (7).JPGまで休館を延長したそうで、習志野市も『右にならえ』になるのでは?」と...。


その先のスーパーで飲食物を買いましたが、紙製品は無し。帰り道のBigÀで、トイレットペーパーを持っている人を見かけましたが、残り一つで、結局買えずじまい。店員さんに聞くと、早朝(9時開店)ならばあるそうです。明日は小見川に野菜の収穫なので、月曜以降、開店にあわせて買おうと思います。



3/5(木)冬晴れですが、強風が吹き荒れました。早朝、9時半から千葉健生病院健康友の会友の会だより」3月号の再校に立会い、紙面チェック。というのも、編集委員の一人が所用で欠席となってしまったので、代理で作業を引き受けました。

通常は初校のみ。編集会議の前で30分かかり、会議中に他の編集委員と突き合わせ。赤字が少し多かったので出張校正を勧めましたが、あとは編集長に任せました。

続いて、4月号の編集会議総会資料(機関紙部分)の打ち合わせ。12時半過ぎまでかかってしまい、家に着くと娘が妻の車を返しに来ていました。


6日も冬晴れ。風はいくぶん治まったものの時折り強い風。人参のスムージーを作った後、録画してたまっていたテレビ番組を順番に観賞。10時過ぎから、定期総会資料(案)の作成。昼食後、テレビは新型コロナウィルスの報道ばかりだったので、日曜に妻の実家でもらってきたポットに入ったビオラの花植えと、あまりにも雑草が目立つ芝生の草取りをあわせて2時間やりまし200306(1).JPGた。花粉症のハトちゃんは、マスクと帽子をかぶってやりましたが、まだ2/3は残っているので、1日に少しずつやりたいと思います。

来週は、9日(月)友の会花クラブの活動で、草取り10日(火)も同じく友の会たすけ愛で、2軒の依頼宅で草取りと剪定した枝木のまとめ作業が続きます。

 

3月に入ってからも、新型コロナウイルス感染拡大の一途をたどっていて、トップニュースでは変わりありません。少々、ニュースやワイドショーを見るのが嫌になってきました。

地元習志野市では、小・中・高校の臨時休校の他、市立の体育館図書館など付属施設が2週間ほど休館になって、天候も一日の暖かい、寒い(降雨)日が続いて、体調管理も大変。スーパーでは、マスク、紙製品は無く、こどもが在宅するようになって、インスタント食品やお菓子類もだいぶ少なくなっている異様な光景。

今回の対策で不思議なのは、老人向けのデイ・サービスは通常どおりなこと。高齢者がかかると重症化しやすいので、もっとも注意しなくてはならないのに。

また、報道では感染者数が3月4日早朝現在1,000名を越えたことより、そのうち治った人の数や検査をして発見された割合など、教えてもらえれば少しは不安が取り除けると思うのですが、いまだに詳しい報道がされていません。

まだ症例が少なくて情報の域は超えていませんが、試薬が効いた例が報道されたので、ちょっと安心しました。

3月中旬まではやむをえないのですが、16日以降も感染が止まりそうにはないので、社会全体に与える影響は図り知れず、国民の生活破壊や経済でも不況、倒産、消費減少、貿易減産など、近い将来、見通せないくらい深刻です。

国会中継の政府答弁を聞くと、確かに緊急対策や補償を言うものの、危機意識のズレや対策の優先順位が違っているようにみえます。一生懸命やってはいるものの、国民の暮らしと生活を守るのに真剣さが感じられません。

とにかく、1日も早く、ウイルス目に見えない敵)を封じる方法を見つけて、幸せな日常生活に戻りたいと願うばかりです。

このアーカイブについて

このページには、2020年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年2月です。

次のアーカイブは2020年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25