4月11日(日)晴れ。義兄から「前日、雨が降り裏の竹山のタケノコが伸びて再収穫できる」との電話あり。6日に約50本収穫し、は前日も友人4人と、あくが無いタケノコで有名な大多喜で20本収穫したばかり。暖春でタケノコもどんどん生長し昨年より10日ほど早くなっています。

新型コロナ感染の第4波が心配されてはいましたが、急遽、早朝5時半起床で、小見川へは7時過ぎに到着すると、すでに義兄が掘ってくれたタケノコ40本が袋に詰めてありました。今が旬の食べ物なので近所で農家をやっている友人にも頼んで、さらに20本、少し離れた場所まで車で案内してもらって、一緒に竹藪に入って3人で掘りました。

戻ってから、近隣(徒歩3分)で竹山を持っている、妻の同級生宅に行くと、タケノコの頭がそこら中に出ていて、同級生が一緒に探してくれました。素人では見つけられない場所でも、あっという間に探し当てる名人技。

指示された場所を小生が手分けしてスコップ等で頑張って掘りました。終わる頃には汗ビッショリ。掘ったタケノコを数個の袋に詰め山の斜面から引きずりおろし、一輪車に乗せて自宅まで運びました。前回以上に掘れ、御礼を言って別れました。

結局、2回目となる田舎でのタケノコは、全部で100本弱。枯葉に隠れている小ぶりの出たばかりのタケノコが、一番柔かくおいしいそうです。小さいタケノコは、刺身にもできる美味な貴重品で20本ゲット。

その後、義兄宅の庭で、掘って来たタケノコを大きさ(大・中・小)に分けてダン
210411 (1).JPG
ボール箱に詰める作業。その間、義兄はセリを採取して、きれいに洗ったり、春キャベツを10個とってくれました。トランクいっぱいに積んで帰りの予定時間を20分オーバーしましたが、大量のタケノコを持ち帰ることができました。

その夜、近所におすそ分けした後、わが家でも、小生が残りのタケノコの皮を剥いて、がタケノコを何回にも分けて大きい鍋で茹でました。精米自販機にあっ
210411 (2).JPG210411 (3).JPG
たぬかであく抜き。疲れて眠い目をこすりながら、深夜1時過ぎまでかかってやっと終了。早めに茹でて、水に浸して冷蔵庫で長持ちさせるため。

旬のタケノコ料理が食べられるのは喜びですが、毎日、食べるとなると大変です。しばらく続きますネ。今が一番柔らかくて美味ですが、雨後のタケノコといわれるように、降雨でグーンと生長するので、あと2回は収穫に行く予定です。その後は、タケノコのあくが強くなり、おいしくなくなり大きくなってしまうので楽しみももうすぐ終わりですネ。


昨年に続き新型コロナ感染で申告期間が今月15日まで延長されたため、ハトちゃん4月9日(金)千葉西税務署まで、自宅から自転車で約15分かけて行きました。

確定申告は、雨でもなければ以前から長蛇の列。朝は年配者が早く来ていて、1時間以上立ったまま順番待ちが当たり前。いつも大変くたびれた印象があります。今年はスマホで申告日時を指定できるので便利に、または整理券を受け取ってからに変更されました。

駐輪場に停まっていたのは10台くらい。臨時の交通整理員に促されて一番後ろに停めました。一昨日、妻のスマホで登録し、当日はスマホを借り受付会場で見せてから検温して入場。署員に聞くと、「「緊急事態宣言」が解除されてから来場者が増えつつあります。午後は比較的スムーズですが、来週は締め切り直前週になるので多くの混雑が予想されます」とのことでした。

210409 (5).JPG210409 (1).JPG210409 (2).JPG
室内の出入口に2m間隔で並んでいたのは5人。その後ろに立って待つと5分ほどで呼ばれました。添付書類を係員に説明し確認後、順番にパソコン会場へ。一昨年までは自分で入力していましたが、補助員が多人数いて自力よりも補助員の入力が速いので、入力を今年もお願いし確認するだけに。女性の担当者が入力してくれた後、収入は年金のみと控除の国民健康保険料、生命保険料や地震保険料などの入力内容をチェック。

今年も添付書類は自分で5年間保管することで入力後、返されました。結果、
210409 (4).JPG
申告書作成が早くできて提出受付へ。提出書類を印刷して控えをいただきました。受付に並んで提出するまでの時間は約40分。入力・提出だけは約15分と自分で入力するよりだいぶ早く終わりました。

 
210409 (6).JPG210409 (8).JPG
最後に、税務署職員と補助員の方に御礼の挨拶とコロナ感染予防の中での仕事の大変さをねぎらって出入口へ。ホッとして駐輪場前を見ると、このところの暖かさで、敷地内に1本の御前桜(八重)が満開。毎年申告に来ていますが初めて観賞できました。


その後、武石インターチェンジに向かって、目の前の県道57号線を進み、次
210409 (11).JPG210409 (10).JPG210409 (9).JPG
の信号前に立っているJA千葉みらい幕張の自動精米所に寄って、タケノコのあく取り用ぬかをレジ袋に詰め込んで帰宅の途に...

帰宅すると、結婚したが遊びに来ていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

用事が無ければ税務署にはほとんど行きません。確定申告は少々疲れますが、1年に1回の貴重な機会であり、還付金がもらえることもあるのでコロナに気をつけて来年も行こうと思います。



4月6日(火)曇り。前日の雨で「裏の竹山のタケノコが伸びて収穫できる」との電話あり。今年の暖春で昨年より10日早くタケノコ掘りへ。

新型コロナ感染の第4波が心配されてはいましたが、久しぶりに外出。が午前中、仕事だったために、ハトちゃん筋トレを早めに切り上げて妻の勤務先の市川まで電車で行き、正午過ぎに合流。妻の運転で一緒に義兄宅小見川)へ。市川からは高速を利用して片道1時間20分。

家に到着後、すでに義兄が掘ってくれた今年初となるタケノコ40本が袋に詰めてありました。小生が段ボール箱に大きさ(大・中・小)に分けてダンボール箱に詰める作業。その間、春菊ブロッコリーの収穫へ。

他には春キャベツレタスサンチュなどを義兄がとってくれました。夕暮れまでは少し時間があっ
210405(2).jpg
たのと、せっかく来たので、妻は同級生が所有する竹山に行き許可を得て、竹山で探すことに。手分けして急斜面を上って行き、見つけるとスコップで掘る作業を続けること30分。良サイズを追加で15本ゲットしました。

野菜は生もので、旬の時期に収穫、食するのが一番。帰りの予定時間を10分オーバーしましたが、多くのタケノコを持ち帰ることができました。

その夜、近所におすそ分けした後、わが家でも、精米自販機にあったぬかで
210406(1).JPG
、あく抜き。今回、枯葉に隠れている小ぶりの出たばかりのタケノコが、一番柔かくおいしいそうです。今年初のタケノコが食べられ、美味に舌鼓を打ちました。雨後のタケノコといわれるように、降雨の後にグーンと生長するので、再び義兄に状況をを聞いて感染予防に注意しながら掘りに行く予定です。


4日から5日にかけては、風雨強まり、はほとんど散ってしまい葉桜状態に。4日の東京都の新型コロナ新規者は355人でまた増加傾向。「まん防」が本日から適用される大阪は593人でほぼ600人余り。このところ600人を超える日も続き急増し、知事も第4波に入ったという認識に立っています。同じく「まん防」の宮城、兵庫も高水準が続いていて、東京、首都圏3県でも「緊急事態宣言」解除後、増加の一途をたどっています。さらに沖縄をはじめ、各県でも増加し、全国では2千人を優に超えています。すでに医療逼迫が起きていて、さらに深刻な状況になりつつあります。「まん防」によって、どれだけ感染者が減るのかについても根拠が明確だとは言えず、今後、各自治体で「まん防」要請が相次ぐ可能性が高い。

さらに、ワクチン接種については、国内生産開発ができずに輸入に頼らざるをえないので、先進諸国の中では一番遅れています。医療従事者に続く高齢者(小生も該当)は、「市の広報」で案内通知のサンプルが紹介されたものの自治体からの連絡はいまだ来ず、遅れている現状に不安が募るばかりです。

日本だけでなく、世界的にも再び感染者が増えて、国によってはロックダウンしているところもあります。人類全体が脅威にさらされています。

それでも小生を含め国民は、日常生活の中で感染予防ができる範囲のことはしています。コロナに感染しないのが一番ですが、コロナにかかる確率が高くなってくると心配になり、外出も控えることになりストレスは増しますネ。

そんな中、白血病にかかった水泳池江選手が、東京五輪選考会の100mバタフライで優勝し、五輪に内定したニュースは、抗がん治療を続けながら希望を持って努力すれば夢はかなえられるという、本人の並大抵な精神に感服して、どれだけ勇気づけられたか、久々に明るい気持ちになりました。自分も何事にも前向きに努力して、残りの人生を謳歌したいと思いました。




2年続きで新型コロナ渦が続き、外出自粛やマスク着用、深夜の飲食や密を避けるなど、毎日の生活はある程度の制限がかかっています。大阪、兵庫、宮城はまん延防止等重点措置」(まん防)が適用されますが、東京都もここ数日、新規陽性者が400人を越えて、変異種の心配と第4波への急増が心配されます。

ハトちゃんは、ずっと家にいるとストレスがたまるので、最低一日一回は外出時の運動を心がけています。

1日が初日で、行くときは9時の第1回に行っています、習志野市東部体育館トレーニングルームへ。昨日はほぼ一日健生友の会で用事があったのでお休み。3日が今月2回目。参加は12名で中高年者。早い時間に来ている人は気合が入っています。

馴染みのトレーナー2人に挨拶。昨日、草とりをやり過ぎて右手が腱鞘炎になって令湿布を張ってトレッドミル(ウォーキング)とバイクを各30分ずつやっただけで手を使わずに軽めの運動。

210403 (2).JPG210403 (3).JPG210403 (4).JPG210403 (1).JPG210403 (6).JPG
帰る途中、体育館の前には、4月後半に咲くつつじが早くも満開。さらに帰り道の街路樹にハナモモ(赤)がきれいに咲いていて、民家の花壇には色とりどりのチューリップ、空き地に黄色のタンポポが咲くかたわら綿帽子が風に揺られていました。

このところの暖かさは初夏の気温・気候で、行楽にはもって来い。はこの3連休を利用して、栃木、埼玉の山登りに出かけました。

報道によれば、ワクチン接種が始まっているとはいえ、厚労省の認可問題や確保の不手際もあり、だいぶ遅くなりそうですが、本当にオリンピック・パラリンピック開催は大丈夫なのでしょうか?



4月2日は前日より気温が低いものの日差しがあって春本番にこにこウォーキングが午前中に開催されたため、久しぶりに午後の会議。ハトちゃんは、できるだけ行ったついでに、千葉健生病院健康友の会の機関紙「友の会だより」校正照合と企画会議の他に、花クラブの水やり草とりを行うため、10時に事務所へ。

まず編集室に行くと、ゲラが机の上にあったので、事務所に戻って校正を開始。4月号は赤字が少なくてスムーズに進みました。一段落したので、昼食の弁当を売店で買って、病院1階のラウンジで食事をしながら再度ゲラをチェック。やはり、気が付かないところがあって追加。

少し休んだ後、花壇の水やりと友の会建物の出入口、駐車場の一角に伸びていた雑草を小鎌を使って取り除く作業。約1時間で、45ℓ ゴミ袋いっぱいになりました(写真は花壇に咲く花)。
210402 (3).JPG210402 (2).JPG210402 (1).JPG

汗をかいて事務所に戻ってみると、ドアの鍵が閉まっていました。清掃の男性が、奥の会議室側のドアが開いていることを教えてくれたので、会議室から事務所へ。持って行った水のペットボトルを飲みながら休んでいると、ドア越しに会員さんたちが来訪。隣りの大会議室で、医学生に友の会の紹介をしていて会議中と話すと「急がないのでまた来ます」と。結局、30分ほど留守番することに。

14時前に編集長が来て、その後、10分遅れで編集委員が集まって、早速、校正の照合。ゲラを見ながら、1面から順に委員の校正した赤字や意見などを発表。みんなで確認のうえ最終版を作成。2面の途中から、遅れてきた編集委員が1名合流。それからは5人で検討しました。いつもと比べれば、赤字が少なく、その場で解決できたので1時間で終了。

続いて、「来月号に何を掲載するか」の企画・編集相談。まず紙面担当者から原案の提案があり協議。執筆者も含めて、検討し決めていきます。コロナ渦で行事が少ない中、早めに内容が決まり30分。

最後に、5月号の初校チェックと6月号企画・編集会議を4月28日12時30分~13:45に決定し解散しました。

早いもので今年度も最終日。4月~5月にかけての暖かい陽気に恵まれました。満開のは、風に舞って、朝の筋トレに行く際、自転車の前方から花吹雪。道路に花びらが一面にたまって「花畳」に。一昨日と昨日は、娘が来宅の運転で、ふなばしアンデルセン公園ひたち海浜公園へ遊歩・散策に出かけて、どちらも色とりどりの花を観賞し満足して帰って来ました。

ハトちゃんは、品川駅ハイに行く予定でしたが、花粉アレルギーと黄砂の影響で急遽、取りやめ。娘がくれたパズル誌(ナンクロと漢字)2冊のうち、難しい漢字を先に解答。最低1日に7題を目標に始めました。

一日のスケジュールを午前が筋トレ午後に庭の草とり夜はパズル誌と決めて実行。ほぼ予定どおりできています。

本日も前日に続いて9時に一人で習志野市東部体育館トレーニングルームへ筋トレ。更衣室で着替えようとナップザックを開けると、何とシューズを忘れてしまいました。パズル誌の深夜やり過ぎかも? 仕方なく、トレーナーに話して、シューズがなくてもできるマットでのストレッチを30分だけやって帰ることに。常連さんからは「もったいないね」と言われましたが、負けず嫌いのハトちゃんは「久しぶりにストレッチだけもいいですね」と。結局、今月は駅ハイ(ウォーキング)に行かなかった分を筋トレで補い、筋トレをはじめて以来、最多(月23回)になりました。これまでの最高は19回。

帰り際に、習志野市スポーツ振興協会のSさんから「本日で秋津テニスコートに異動するので、お世話になりました」と声をかけられました。小生が市内で初めてスポーツに関心を持ち、体力測定や多くの種目の指導をいただいて今日に至っているのもSさんをはじめ、協会の皆さんのおかげです。

帰宅後、晴れて日差したっぷりだったので、洗濯物を洗って干してから、先週末に収穫した野菜を持って再びSさんのところへ。

再びお会いして、野菜を渡して御礼と挨拶。移動先が市内なので、夏の高校野球予選会場で応援しに行く際、立ち寄ることを約束して別れました。

【参考】ふなばしアンデルセン公園

210329 (1).JPG210329 (3).JPG210329 (6).JPG210329 (5).JPG210329 (7).JPG


小見川の義兄から電話があり、3月27日(土)は最後の菜の花摘みに来てほしいとのこと。前夜、妻と相談し、収穫の前に地元の城山公園の桜を観に行くことに。5時起きで、妻の運転で小見川へ。

ハトちゃんは城山公園で2回駅ハイが開催されて以来7年ぶり。は結婚してから観ていないので
210327 (1).JPG210327 (3).JPG210327 (4).JPG
30年以上。城山公園は妻の母校小見川中学、その先に 県立小見川高校の傍。学生時代はy花見に恵まれた環境にいました。本日は山の麓にある県営無料駐車場に停めて園内を散策。新たにできた木の階段は急勾配で長いので年配者にはきつく、下りは結構恐くて安全性に欠けます。


道路の両脇に広がる城山公園は、平安~室町時代に豪族の城が築かれた場所で、本丸跡の一部
210327 (5).JPG210327 (7).JPG210327 (8).JPG210327 (9).JPG210327 (12).JPG
や古墳群が残っています。また花見の名所として有名で約1千本のソメイヨシノが咲き乱れます。「桜つつじまつり(3/23~5/9)」開催中。妻の話では「古木が少なくなり、整理されて園内はきれいになり、ビュースポットに赤い橋がかかって風情が増えた」とのこと。園内にはピンクの提灯がぶら下がっていて、夜もお花見ができます。菜の花もきれいに咲いていました。コロナ渦でも、早朝から花見客が出ていて「地元で花見ができるのも、定年退職して時間に余裕ができたので」と言っていました。
公園案内所前に、物産販売所があります。展望台から、小見川町周辺が一望できます。


花見を終えて10分後実家へ到着。7時過ぎから早速、畑に行って農作業。マスクをして花粉症とコロナ対策。菜の花畑は2週間たって、一面黄色い絨毯に...。花や太い茎は食べられませんが、若くて柔らかそうな葉やつぼみの状態である茎をハサミで切って収穫。二人で約1時間半、段ボール5箱採れました。今回で収穫は終わり。

義兄がとうの立った大根を抜き、食べられる葉の部分と大根の部分を分けてダメなものを選別。次に巻いている春キャベツ(緑色で葉が柔らかく甘い味)を掘り、根の部分を切って、いらない葉を剥く作業。全部で20玉以上収穫。

その他、収穫終わりのブロッコリー1箱、セリが45ℓ1/2袋など。結局、缶コーヒーと妻がお茶を飲んだだけで休みなしで、11時過ぎまで作業。30分で車の後部座席を倒し収穫分を積め込んで、帰りに玄米30㎏2袋を知り合いの農家で買って荷台いっぱいで帰宅の途に。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌日、は自分が運転して親友二人と房総の山へお出かけ小生筋トレ(9時~)前に収穫した大根の泥を落として水洗い。洗ったものを穴の開いた黒い栽培ケースに入れて乾かしました。

その後、雲行きが急に怪しくなって来ましたが、干していった大根は、家に着くまで辛うじてセーフ。到着後、小雨が降り出しましたが、本日やるべきことは無事完了。午後は2本のブログ作成



3月24日、晴れ。ハトちゃん千葉健生病院健康友の会機関紙「友の会だより」4月号4面の原稿と割付紙面チェックにチャリンコをとばして20分。行く前に、薬局で前日受診し頼んでいたをもらいに行ったのと、診療所受付で診察予約日を変更してもらったので、予定時刻を20分オーバー。

やっと事務局に9時50分に到着。すぐ前にある編集室へ。

早速、編集長から割付用紙を見せていただいて、説明を受けました。今回、上段3段は事務局長が担当し、その部分を含めて割付表と順次原稿を読み、誤字や表現の適格性をチェック。また、タイトルや写真のキャプションをできるだけ原稿に沿って考え付けました。大きな変更点はなかったのですが、一つだけ編集長の水彩画が適当かどうか迷いましたが、初校時に決めることでとりあえず入稿することに。他の紙面は、各担当者が責任を持って編集しているので見ていません。次回の校正・企画会議が4月2日なので、その時に全部の紙面を見て検討することになります。

4月号は早めに終わりましたが、5月号(企画案)についても聞かれてこちらの方が意外と時間がかかりました。全部で2時間近くかかったので、帰りに筋トレに直行せずに、自宅で昼食後、ゆっくり出かけました。

帰宅後、22日歩いた葛西臨海公園のブログを片付け、オジン隊の先輩たち4月駅ハイ候補地を提案したメールを出したりでパソコンに釘付け。気晴らしに庭に出ると、(ソメイヨシノ)が八分咲き。一人でゆっくり花見を楽しみました。

【追記】
210326 (3).JPG
210326 (2).JPG210326 (1).JPG
兼子隊長から届いた川柳を紹介します。

 春来ればまた夏憂うコロナかな


〔コース〕 「葛西の潮風薫る新左近川親水公園とフラワーガーデンの桜ウォーク」(約10km)」

葛西臨海公園駅右葛西臨海公園右クリスタルビュー右 ラムサール条約登録湿地碑(葛西海浜公園)右ダイヤと花の大観覧車(有料)右臨海町緑道右新左近川親水公園カヌー場右フラワーガーデン右なぎさ公園右葛西臨海公園駅 ゴール
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
オジン隊で参加する予定だった葛西臨海公園駅ハイでしたが、メンバーの都合が悪くなり、ハトちゃん一人で行くことにしました。

1都3県に出されていた「緊急事態宣言」が解除された3月22日(月)、駅ハイへ参加。朝のうちは曇っていましたが、次第に晴れて春本番。

9時過ぎの京葉線直通の武蔵野線は接続が悪く、西船橋駅で19分の待ち合わせ。車内は臨海公園駅一つ手前のディズニーランド・シーに行く家族連れで混雑。舞浜駅でガラッと空きました。西船橋駅から葛西臨海公園駅までは約15分。

210322 (19).JPG210322 (15).JPG210322 (20).JPG210322 (18).JPG
9時半のスタート受付でしたが、10時に到着。駅の壁には、水族館の魚たちの大きな写真が飾られていて、いかにも行楽地に来てウキウキ気分。橋上駅の1階に受付がありますがわかりにくい。カードリーダーでの読み取りは3月末まで。4月からはスマホがないと、参加履歴などが使えなくなります。係員はピンクの法被に京葉線の背文字。

葛西臨海公園は、駅前の広場からつながっています。直進している道路は赤いコーンで
210322 (23).JPG210322 (21).JPG
行き帰りの区分表示。広大な駐車場はコロナ渦で利用できません。駐車場の後方に、地上117mの大観覧車が目に飛び込 んで来ます。
その大きさは日本最大で、公園のシンボル的存在。観覧車に乗って、周囲を見渡すと、晴れていれば、東京湾、ゲートブリッジ、アクアラインの海ほたる、東京タワーやスカイツリー、
富士山なども一望できるのでお奨め。

1989(平成元)年に、失われた東京湾葛西沖の自然を再生しようと、海を埋め立てて開園した「東京都葛西臨海公園(海浜公園を隣接)」となりました。

「水族館」を含め「野草園」、「展望広場」「汐風の広場」「バーベキュー広場」、「日本庭園」、「展望レストハウス」などの他、海浜公園の「西なぎさ」へも徒歩で行けます。「東なぎさ」は野鳥保護のため立入禁止。散歩、運動、観光など、本来ならば利用者がいつも多い行楽地。1995(平成6)年に「鳥類園」ゾーンがオープンして、都区内最大級の都立公園となっています。


中央園路へ進む途中の右手に、公園サービスセンターがありましたが、本日は月曜休み。
210322 (25).JPG
2年前に来園したときは、センター前から定時にパークトレインが走っていましたが、こちらもコロナで運行休止中。 レストラン前の花壇は、色とりどりの花が咲いていました。
続いて、真っ直ぐ進んで、展望ハウスクリスタルビューに上がって、東京湾を一望。
210322 (4).JPG210322 (5).JPG210322 (9).JPG
波も穏やかで、広い海を眺め、ゆったりして爽快な気分に...。西なぎさと東なぎさの干潟も良く観えました。


続いて、公園マップにしたがいお目当ての水族館まで遊歩道を散策。東京湾の海岸線を眺めました。途中、暖かい陽気になりいろいろな桜が5分咲き。小生もデジカメで撮影。
210322 (2).JPG210322 (7).JPG210322 (8).JPG210322 (1).JPG

出入口の前に差し掛かると、係員が水族館は当面の間休館中とのこと。
210322 (13).JPG210322 (12).JPG
出入口先の流れる滝だけ、記念写真におさめました。

クリスタルビュー以降のコースは、次回オジン隊のメンバーとまわりたかったので大幅カット。


210322 (17).JPG
公園駅前のバスロータリーにある、地球儀に少年たちがヨットや釣りを楽しんでいるオブジェ「海と友愛」を観て、帰宅の途に着きました。本日は園内散策、約1時間で3km。幕張本郷駅に到着後、東部体育館で筋トレ。
トレッドミルを利用して速足ウォークを30分、3㎞を歩いて駅ハイを補いました。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • 210411 (3).JPG
  • 210411 (2).JPG
  • 210411 (1).JPG
  • 210409 (9).JPG
  • 210409 (10).JPG
  • 210409 (11).JPG
  • 210409 (8).JPG
  • 210409 (6).JPG
  • 210409 (4).JPG
  • 210409 (2).JPG

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25