東の佐倉、西の長崎」と呼ばれた蘭学の盛んだった城下町をたずねて

 

1月24日、駅ハイで近場の佐倉へ。

 「サムライのまち・佐倉さんぽ~城下町と七福神めぐり(約9km)」 に行って来ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

コースは;JR佐倉駅 右駅前観光情報センター  スタート サムライの古径 ひよどり坂右大聖院右武家屋敷右麻賀多神社右佐倉城址公園右国立歴史民俗博物館右旧平井家住宅右佐倉新町おはやし館右宗圓寺・嶺南寺甚大寺右松林寺右妙隆寺右佐倉順天堂記念館右旧堀田邸・さくら庭園右JR佐倉駅  ゴール

 

京成大久保駅(9:05発)から京成佐倉駅までは約20分。そこから、千葉グリーンバスでJR佐倉駅へ(9:40)。JRだけの利用よりも運賃が90円安い。 

200120 (2).JPG佐倉駅階段下の観光情報センターで受付。マッ プとチラシなどをいただいてスタートするはずでしたが、カードが見つからず手間取りました。結局、身障者手帳の中に前回しまっていたのを忘れていました(10:00)。コースは昨年とほぼ変わらず。小生は、昨春の駅ハイに続き11回目(うちサークル2回)。前日は冷たい雨でしたが、本日は快晴。午後から、千葉健生病院友の会の「友の会だより」の手伝いがあったので、今年も七福神めぐりだけにしました。

 

まず、駅前のロータリーから高崎川に架かる城南橋に向かう道の両側に、女性の彫刻像が並んでい200120 (5).JPG200120 (4).JPGます。ここは彫刻通りと呼ばれています。城南橋を渡って左折し、お花見で有名な桜並木の高崎川土手沿いを進みます。川沿いの公園には正岡子規の句碑があります。竜灯橋手前で右折し横断、佐倉八景園を右手に回り込みます。

 

高崎川の河川敷がのぞめ、その先に城南堤が右側に続く道路へ。入学試200120 (6).JPG験のためか佐倉東高校の生徒が下校中。矢印があった城南堤手前の曲がり角を右折。間もなく、サムライの古径ひよどり坂へ。両側が竹林に囲まれた坂道は、武骨な雰囲気が漂って、京都・嵯峨野を思わせる雰囲気。

階段を上ると、右側にある最初の七福神、大聖院布袋尊・真言宗〕へ。石の布袋尊200120 (8).JPG200120 (7).JPGの表情は愛嬌があります。コースは左折し佐倉城址公園→国立歴史民俗博物館となっていましたが、参拝後、武家屋敷通りへ。

200120 (11).JPG
200120 (9).JPG通りには、新たに侍の社(無料観覧)ができていました。関東地方では最大級の武家屋敷が続き、藁葺屋根の旧但馬家住宅をはじめ、旧武居家住宅旧河原家住宅など5棟が道なりに点在していて、往時の城下町の面影を残しています。傍に分譲地ができて、新旧の建物の調和がどうなるのか、ちょっと心配しました。


200120 (14).JPGその先の麻賀多神社手前には、佐倉養生所跡の石碑があります。町のあちらこちらに近代医学の先駆的役割を果たした蘭学"佐倉"の面影が残っています。

 200120 (18).JPG200120 (15).JPG

突き当たりに七福神の恵比寿天 福禄寿が祀られている 麻賀多神社〔佐倉藩の総鎮守で古くから「まかたさま」と親しまれている〕へ。 
200120 (16).JPG
境内には、数人の参詣客が 訪れていて、参詣後、本堂裏手にある樹齢約800年の御神木の大イチョウ、本殿の両脇にある二つの七福神を参拝。境内には休憩ベンチやトイレもあります。今年の干支である子の絵馬も多数ぶら下がっていました。

 

200120 (23).JPG200120 (21).JPG200120 (24).JPG

その後、佐倉市街の中心通り新町交差点に。初めて平井家住宅の外観を確認。路線バスが通る旧城下町通りは歩道が赤色で区分さ

れています。

右側に目立つ建物があり、

佐倉市立美術館 〔佐倉・房総ゆかりの作家、作品を展示〕は外観のみ。

旧駿河家住宅〔情報活動拠点で、明治期の呉服商の建物〕は閉まっていました。

何度も歩いているので特典のある店舗を覚えていましたが、1カ所だけ、小川園(茶舗)で、ティーパックをいただいたのみ。

 

200120 (25).JPG200120 (27).JPGその後、ガラス越しに大きな山車が見える佐倉新町おはやし館に入館。係員のボランティアさんに話を伺いました。昨秋の台風15号などの影響で、祭りが中止になったり、建物被害など。他に佐倉市指定無形文化財の

佐倉囃子の歴史、伝統を継承する難しさなど。憩いの場になっていて、きらびやかな山車人形を展示。 

 

200120 (28).JPG通りに面して、手づくり工房さくらは、旧商家を利用し、お休み処でお茶の無料サービスと七福神缶バッチのプレゼントあり。地元工芸作家の作品展示・販売。外観のみ。

 

その先を横断して狭い道を進みます。この通りに三福神が祀られている三つの寺があります。

佐倉小学校手前で一番奥にある甚大寺 〔堀田家の菩提寺200120 (34).JPGで天台宗の寺院。本尊は十一面観音 像。不動明王、金比羅 権現なども祀っている。七福神毘沙門天〕 へ。赤い枠の外壁が特徴。境内奥に本殿。その扉に小さな窓があり、覗くと薄暗い中、観音像が安置されていました

 

来た道を戻ると、左側に宗圓寺甚大寺との間の閑静な場所にある堀田家墓所(県指定史跡)を墓200120 (33).JPG200120 (32).JPG参。佐倉藩主だった堀田家当主や夫妻の墓所が並んで建っています。

墓碑を読むと、伯爵という文字があり、大名だった堀田家夫妻の墓碑(夫妻の一緒の墓碑は珍しい)には、両方の家紋が刻まれていました

 

まもなく宗圓寺寿老人臨済宗〕。 その 向かいに嶺南200120 (35).JPG 弁財天・曹洞宗〕(梅の老木が枯れてなく200120 (29).JPGなっていました)があり ます。 

 

その後、中心街の道を左折し、細い坂道を下って上ると、目の前に地方裁判所。右手に大きな樟の大木2本に囲まれた

松林寺〔佐倉藩主「土井利勝」により江戸時代 に創建された浄土宗の寺。 佐倉七福神毘沙門天200120 (37).JPGへ。

境内の御神木が大きくて立派なのに比べ、境内、本殿は小規模で質素。

200120 (40).JPG200120 (39).JPG200120 (41).JPG

最後に、蘭学通りを美術館方面に戻って、猿が脇の坂を下ってすぐ左折し細い坂を下ると右側に妙隆寺〔日蓮宗・大黒天〕へ。境内に続く山門前には、鬼子母神の地蔵仏が多数並んでいて、山門前の黄梅が満開でした。


次に、コースは妙隆寺佐倉順天堂記念館旧堀田邸・さくら庭園JR佐倉駅となっていましたが、同コースは以前歩いていたのと、JR佐倉駅からだと再度バスで京成佐倉駅に戻らないといけな200120 (22).JPG200120 (42).JPGいので、ショートカット佐倉七福神めぐりを終えて、ローソンを過ぎて市立美術館前のバス通りを右折して、京成佐倉駅方面へゆるやかな坂を下ります。ゆるキャラの「カムロちゃん」の自販機あり。約10分ほど歩くと角に観光案内所があり、信号を渡ると、正面が京成佐倉駅でゴール〔歩行1時間で距離約4km〕(11:25)。


行きと同様に、各駅停車で京成大久保駅(11:56着)へと戻りました。駅前で息子の同級生のお母さんに久しぶりに会って立ち話。自宅に戻ってあわてて昼食後、千葉健生病院友の会編集室で「友の会だより」の割付、原稿チェック。14時30分過ぎに終了。




ハトちゃんは、1月22日、妻から頼まれた海外旅行誌を探しに、自転車で筋トレの途中にある東習志野図書館に行きましたが、施設整備により1月31日まで休館。ちょうど、同じように来館されたおじさんから、習志野市中央図書館(旧 大久保)が開館していることを聞きました。

筋トレ後、自宅を通り越して、京成大久保駅徒歩1分のプラッツ習志野(昨年11月オープン;公民館、図書館、市民ホール、体育館、テニスコート、パークゴルフ場、野球場、公園といった多様な施設が集まった、習志野市の生涯学習の推進と地域の活性化を図ることを目的とした施設)へ。

いまだ工事中だとばかり思っていて、開館はまだだと...。
まず北館側の図書館に行くと、出入口がわかりません。児童公園(通称:たこ公園)&多目的広場200122 (1).JPG通じる整備後の下り坂を降りて行きました。坂下に新しい駐輪場ができていて、駐輪。ちょうど通りかかった工事作業員の方に図書館の場所を尋ねると、奥の階段を上ったところ、とのこと。

階段を上がって左側の建物に入ると、公民館図書館の本の貸借受付がありました。「初めて来たこと」を伝えて、館内の利用方法を聞きました。そこは2階になっていて、エントランスで新聞・日刊雑誌、広報などを利用できるフロア。書架は4階になっていて、階段を上って4階に着くと、広いスペースに書架が順番に分類されて配架されています。書架が広いため、本棚には本が詰まっている状態ではありません。パソコンが置かれているスペースと、正面に野球場パークゴルフ場を眺めて本を読めるようになっていて、これまで200122 (2).JPGとは違って明るく広い空間で癒されます。ロケーションがすばらしい!

3階は工事中で新しい書架の予定だそうです。借りたい本が1冊見つかったので、2階まで降りて手続き。もう1冊は後日、メールで連絡が来て、借りに行くことになりました。エレベーターは各階で利用できますが、階段が多いのが難。

その後、せっかく来たので、手前にある習志野市民ホール(コンサートやイベント200122 (3).JPG〔座席数324席〕と、建物内を見学。催事中だったので、ホール内は見れなかったものの、館内内部の展示や設備は見れました。旧市民ホールは老朽化がひどく、トイレのドアが木造だったのに比べると、雲泥の差。

さらに、パークゴルフ場(こちらは場所も作りも従来どおり)の横にある南館へ。
ここにはテニスコート調理室会議室運動ができるトレーニングルームアリーナを併設している中央公園体育館(旧 勤労会館)があり、受付に見学依頼す200122 (5).JPGると、若い女性係員が二人いて200122 (6).JPG、そのうちの一人が館内を案内してくれました。

まず筋200122 (8).JPGトレ200122 (9).JPGができるトレーニングルームですが、機械はすべて新型ですが、スペースが従来の1/3ぐらいのスペース。だれもいませんでした。料金は他の市内施設の1.5倍。身障者や高齢者の割引はなく、全部一般となっていて、中・高校生も利用できますが、中高齢の小生たちには、逆に静かにトレーニングに専念できなさそうな感じ。会議室や調理室は窓が大きく、明るい感じになりました。
体育館は、床を張り替え、一部修復しただけで、概要は変わら200122 (7).JPGず。

受付が従来はシルバー人材の方だったのが、民間委託で若い女性になってしまいました。200122 (11).JPG

全部で約30分ぐらいでしたが、全体としては、馴染みの地域なので行きやすいのですが、駐車場や駐輪場の場所が決められ、いままでの気軽に行ける感じが薄れたのと、初めて訪れたので違和感が残りました。

筋トレについて、ハトちゃんはここには徒歩でも来れますが、東部体育館まで自転車で15分とトレーナーが親切なので、今後も東部を利用したいと思います。



千葉健生病院健康友の会「友の会だより」編集部の記事を、本紙2月号に投稿しました。500字以内の限定で書いたものです。

以下、原文のまま、掲載いたします。

鼓動」の執筆を引き受けてから、ちょうど1年・3回目になる。広辞苑によれば、「ふれえ動くこと」と記載されている▼自分なりに解釈すると、社会事象が良くも悪くも動いて、その現象について考察することである。▼天変地異・災害・地震など自然災害は甚大な被害を引き起こすが、昨今の地球温暖化や政治・経済・社会などで報道されるのは人間として間違った方向を指し示しているものが大半。自国の利益のために国際協力を踏みにじったり、経済摩擦による不安定な各国間の貿易、そして繰り返される戦争などは、良識を持って努力すれば回避できるのではないか▼我が国の政治もしかり。新年になり、「桜を見る会」の安部首相をはじめとする政府の招待者の私物化、カジノを含む統合型リゾート(IR)に伴う贈賄事件や選挙運動員への違法な報酬など、いずれも説明責任すると言って不都合な事態を逃れ、うやむやにする姿勢に反省の色は全く無い。政治不信が加速し、未来へのビジョンは混とんとして希望が持てない▼日本外交が国際社会・秩序にどう向き合うか?米国に追随するだけでは、本当に進むべき道は見つからない▼国民が凝視して批判精神を持ち続け、良い方向にふれえ動かしてこそ、「住みやすい国」になり、日本を見る目も向上すると思う。

 

20日は毎月1回定例の千葉健生病院健康友の会花クラブ(病院・診療所前の200120 (1).JPG花壇の植栽や草取りなど)の新年会。今月は雑草の伸びがほとんど無いので、例年と同じく活動休止。代わりに新年会を兼ねた昼食会で近くのどん亭(幕張店)へ。

11時30分の集合で10名中7名が参加。

まず豊富なランチ定食を各自注文。

まず津久井代表から、新年の挨拶後、12月と1月以降の活動報告。毎週の水やり当番の確認と成果ならびに友の会活動・イベント取り組み状況を簡単に説明。

席が店内奥にあって、正午前で混んでいなかったので、多少大きな声でも大丈夫。意見交換しながら和気あいあいな雰囲気で話が弾みました。 


料理が来てから順次食べはじめ、味のおいしさは普通。リーズナブルな値段。ご飯はお替りできましたが追加なし。高齢化が進んでいるので無理もありません。メンバーは久しぶりに満腹と満足感!正午を過ぎて、健生病院関係者が隣席に。こちらも新年会。にこやかに挨拶。 

 

1時間ほど話をして、「今年もよろしく」ということで、2月の活動10日(月)を確認して、新年会を終了、解散しました。


ハトちゃんは、18日駅ハイのブログをアップする際、写真の貼り付けで非常に困りました。

デジタルカメラ縦向きに撮影した写真をWeb上にアップロードする場合、Windows7までであれば、エクスプローラー上、あるいはWindowsフォトビュワーで回転させることで、写真をアップロードした際にその回転が反映していました。したがって、縦で撮った写真はそのままで貼り付けできました。


ところが、Windows10の標準機能で、撮影した縦の写真を取り込んで貼り付けると、どういうわけか縦の写真が横向きになってしまいます。いろいろ試みてもダメでした。


息子が12時前に帰ってきたので、事情を説明し、何とか方法を見つけてくれるよう、パソコンとにらめっこ。ネット上の質問箱にも同様に困った書き込みがありましたが、方法が明示されておらず苦悩。


息子が試みても、写真の横のサイズで認識してしまうと、エクスプローラー上で回転させても見かけの向きしか変更されず、アップロードした際に、元々の向きのままになってしまいます(縦向きに撮影したものが、アップロードすると横向きになってしまう)


1時間以上も経って、理由はよくわかりませんが、写真画像をコピーして保存→コピー200119 (2).JPG画像で貼り付けると縦のままで画像を取り込めまし200119 (3).JPGた。ファイルとして保存するためには、前の画像を削除→名前を元の画像番号に変更することで、何とか対処できました。何とか方法がわかって、結局寝たのは2時前。しかし、ブログの写真が貼り付けOKになったので安心して眠れました。



Windows7のようにエクスプローラー上で回転させられるのがベストなんですが、いちいち画像のコピーや削除、名前の変更など、機能が後退してしまっては、何のためのOS買い換えか?プロのチームが携わっているのであれば、バージョンアップさせて、便利な機能は継続すべきだと思います。


縦で撮る写真のひと手間に、正直がっかり。一度に変えられる方法があれば、教えてほしいと思います。



前日、八王子の実家へ行き(野菜8㎏届)、母の病院の付き添いで宿泊。翌18日(土)、ときおり降雪の中、駅ハイの代々木&日暮里〔受付〕へ。

運賃の安い京王線を利用。京王新宿駅へ(9:05着)。南口に出ると、小雨。200118 (3).JPG傘をさし200118 (1).JPGて、サザンタワーの前を通って、小田急線の踏切を渡り、代々木駅へと向かいました。

途中、今回の学生駅ハイの東京スクール・オブ・ビジネス(さまざまな職種のプロをめざす専門学校)に立ち寄りました。昨年までは、スタート受付場所でしたが、今回はJR代々木駅西口に。


エントランス200118 (5).JPGホールに、新春の飾り付けがあったので、写真200118 (6).JPGを1枚。警備員さんからスタートが変更になったことを聞きましたが、知っていたので「これから向かいます」と。

その後、代々木駅北口前を通って100m先に西口。9時30分の受付でしたが、始まっていました。駅員さんが横で、学生さんがオレンジ色のジャンパーで、声かけと受付。

早速、カードをかざして、マップだけ受け取り、西口の改札口を通るのは格好悪いので北口まで戻って、駅構内へ。エスカレーターを上がると、ちょうど山手線外回りが到着。すぐに発車(9:30発)。


学生駅ハイ  代々木発、歴史とアートを楽しめる感動の街歩き」 

コース約9.5km代々木駅西口  スタート 鳩森八幡神社右東京体育館右国立競技場右ワタリウム美術館右穏田キャットストリート商店会右国立代々木競技場右明治神宮ミュージアム右明治神宮 本殿右代々木商店街右代々木駅  ゴール

============================================ 

11駅先日暮里へ(9:54着)。こちらも代々木同様、何度も歩いているコース。日暮里繊維街谷中銀座商店街夕やけだんだん)やよみせ通り商栄会など、レトロな雰囲気を味わえます。

駅北口改札口前で受付でしたが、悪天候にかかわらず、こちらは長蛇の列。少し待ってからスタート手続き。

200118 (7).JPG200118 (8).JPGハトちゃんは、コースの大半を歩いて知っていたのと悪天候と寒さを考え、手続きのみ。観光案内所でチラシをもらいたかったのですが、案内所は京成線傍の間借りしている小さなブース。オリンピックなどで、外国人観光客も増えるのに、あまりにもちゃちな感じで、もっとちゃんとした案内所を作ってほしいと思いました。京成線が乗り入れているので、当初は京成線の始発で帰る予定でしたが、15日にオジン隊の駅ハイのポイント、両国駅で写真を撮ろうと考え、急遽、山手線に乗ることに。

日暮里からはじまる、歴史と文化と自然めぐり」 

コース約11.5km日暮里駅 北改札外 スタート 日暮里繊維街右台東区立書道博物館右子規庵右都電荒川線 三の輪橋停留場・三の輪橋おもいで館右ジョイフル三の輪商店街右ゆいの森あらかわ右荒川自然公園右旧千住製絨所煉瓦塀右荒川ふるさと文化館右素戔雄神社右都立汐入公園右堀切菖蒲園右京成 堀切菖蒲園駅 ゴール

============================================

その後、秋葉原経由で両国駅に行き、写真撮影。帰りの中央・総武線では、同じ車内でお相撲さん二人を目撃しました。さらに、本八幡駅でも途中下車し、スーパーで買い物。

結局、最寄りの幕張本郷駅に着いたのは、正午。駅に降りると、外は200118 (22).JPG雪がだいぶチラついて今冬初の雪の中のチャリンコに乗って帰宅。あまりにも気温が低くて、手足が冷たくなり、早速、熱々のカップそばで体を温めてこたつに入って、録画していたビデオ鑑賞。

やっぱり小雪が舞うと、寒くて体が動きません。昨日の予報では、都心でも雪が降る予報で、センター試験など心配されましたが、大したことがなくて良かったです。



コース「ふく」に「えん」のある街 日本橋 約8km;JR新日本橋駅  スタート 日本橋横山町・馬喰町問屋街右JR両国駅右新大橋右水天宮右東京証券取引所右日本橋右日本橋とやま館右渋沢栄一像右日本銀行金融研究所 貨幣博物館右日本橋ふくしま館 MIDETTE右新日本橋駅  ゴール

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

オジン隊は1月15日(水)令和2年最初のJR駅ハイで、総武快速線の新日本橋駅へ。

10時に全員集合。まず年頭の挨拶。ちょっとだけ、正月、の自転車事故を話しました。

200115 (2).JPG200115 (1).JPGハトちゃんは朝の天気予報で、渋谷が晴れてきたという情報を信じたのと、千葉・幕張が止んでいて荷物を減らしたかったので、傘を持って行かず。地上に出てみると、本降りの雨模様。

傍にコンビニがあって、山根副長と一緒に傘を見ましたが、結局、朝、腹痛を起こして体調不良だったので、スタート手続きのみ。妻の実家で収穫した夏みかんを渡しただけ。オジン隊始まって以来の最大カット先輩たちマップを見ながら、傘をさして雨中の日本橋まちなかを歩いて行きました。

200115 (4).JPG200115 (5).JPG

先輩たちと別れた後、新日本橋駅から帰りの車内は、朝の

200115 (6).JPG通勤時間帯とは打って変わってガラガラ。1車両に数人のみ。

歩かないのも悔しいので、午後、体調が良くなってから筋トレに出かけて、トレッドミルを利用し約3㎞補充のウォーキング。せっかく楽しみにしていた新春の駅ハイだったのに、体調天候に恵まれず残念でした。


以下、兼子隊長遠藤副長からいただいたメールの一部を紹介させていただきます。


(兼子隊長)

今日の駅ハイは雨の中歩くという大変な状況でしたが、終了しました。
ハトちゃんが帰ったあと、両国駅まで歩きましたが、雨が止まず、ここで切り上げ終了。200115(7).jpg
丁度、国技館では大相撲の初場所が開かれていたので、相撲とりが歩く姿に、雰囲気がありました。白鵬は今日から休場とか。回向院の鼠小僧の墓にも、山根さんの提案で立ち寄りました。その後、お茶の水のお風呂へ。
今日は9,800歩でした。

(遠藤副長)
家からの経路の違いはあるとして、
9,800歩を記録したとは思いませんでした。その歩数を聞くと、若干の満足感を覚えます。
次回は、天候に恵まれるといいですね。



なお、オジン隊は両国駅で降雨のため終了したそうですが、降雪があった18日(日)、小生も日暮里駅ハイから帰る途中、15日と同様に悪天候の両国駅で途中下車で立ち寄り。

2横綱不在ですが、初場所開催でにぎわっている両国国技館周辺の様子を掲載いたします。

200118 (9).JPG
200118 (10).JPG200118 (13).JPG
200118 (14).JPG






200118 (21).JPG200118 (23).JPG200118 (11).JPG200118 (20).JPG

 

14日(火)からは千葉健生病院健康友の会の機関紙「友の会だより」の発送作業

友の会事務局先週の6日から開始。しかし、ハトちゃんは7日に診察の帰りに立ち寄って年頭挨拶のみ。その後、駅ハイなどで結局、本日が初日

先日、会えなかった会長さんと発送作業のボランティアの方々新年の挨拶

 

本日は「友の会だより」の毎月一緒に作業をしている方々と新人を含めて6人。

みんな元気な姿で、「今年も頑張りましょう!」と声を掛け合いました。

 

宛名シール貼りを、皆さんとともに正午をまわるまで約2時間半。小生は2011年5月加入以来、まる9年近く続けています。

途中から新しい方も入りましたが、顔なじみの面々も辞めたりで、ちょっと寂しいですが、責任者の指示にしたがって間違えないように作業を進めていますが、雰囲気は和気藹々。

15日、小生はオジン隊の駅ハイに参加するのでお休み。次は明後日の16日になります。ボランティアさんもきっと増えていることでしょう。


1月12日(日)、先日購入した「ウインドウズ10」を息子に頼んでセッティングしてもらいましたが、途中でハトちゃんがブログで使用した写真の取り込みで、データが枚数が多くてパンク。

最初は順調に動いていましたが、新設定では5GⅤまでになっていたのを見落とし、パソコンが動かなくなってしまい、結局、明日以降外付けハードディスクを買って、もう一度やりなおすことに。トホホ。

そのせいで、ブログもお休み。深夜にかけて、息子が奮闘し、やっと13日から写真以外は使えることになりました。妻と小生は機械音痴。というのも、そもそもパソコンに触れたのも40代後半。仕事に就き始めは、手書きかタイプの時代。その後、ワープロが出てビックリして、さらに今ではあたりまえのパソコン時代に...。

小生が利用するのは、インターネット以外ではワードとエクセル。それにブログとメール。午後から始めた息子のセッティングもまかせっきり。

途中で動かず息子もショック。本当に大変そうでした。

新しいパソコンの仕様は、結構不便で使いづらい感じ。それでも早く慣れて行こうと思います。ブログも約10年で1800件を超えました。名球会ならず、とりあえず2000をめざして頑張ろうと思います。

2、3回写真が入らず、読みづらいと思いますが、許してくださいネ。


 

翌9日は5時に起床。ハトちゃんは「青春18切符」(5回目最終)を利用して、足利&桐生&高崎へ。

上野駅(6:48発)宇都宮線快速ラビットに乗り小山駅へ。早朝で座れたので、前日買った「数独(初級)」問題を解いていて、古河付近でうっかり眠ってしまいました。小山駅で少々停車していたとき、目が覚めてあわてて降りました。8時ちょうど発の両毛線に乗り換えて足利駅まで45分。本日は全部で6時間以上乗車の長い行程。

前日とはうって変わって雲ひとつ無い晴天。

 

まずは論語のまち足利駅へ。足利は華々しくも厳かな北の鎌倉といわれています。 

200109 (2).JPG 200109 (9).JPG 200109 (1).JPG国道293号線をはさんで、史跡足利学校手前の太平記館〔NHK大河 ドラマ「太平記」を記念して建てられた、地元の観光案内所も兼ねた売店〕へ。駅から徒歩3分ぐらい。受付時間前だったので、裏の善徳禅寺に参拝。

 

200109 (4).JPG 200109 (5).JPG 200109 (6).JPG 200109 (8).JPG

スタート受付後、歩道橋下にある押しボタン式の信号を渡ると、芝生と堀がめぐらしてあって、足利学校の建物、敷地を横に眺めながら進みます。入徳門から入構。

受付でチラシと珍しい「日本最古の学校 足利学校入学証」としおりをいただきました。

 

史跡足利学校は、1921(大正10)年に国の史跡に指定された日本最古の学校で、創建は奈良時代や平安時代など諸説あります。また、宣教師フランシスコ・ザビエルが「日本国中最も大にして最も 有名な坂東の大学」と世界に紹介して有名になりました。

 

敷地内には南向き庭園に面した茅葺き屋根の教室 方丈」を中心 200109 (12).JPG 200109 (11).JPG 200109 (7).JPGに建物が点在。日本最古の孔子廟大成殿〔1668(寛文8)年建立〕があり修復工事中。御茶ノ水の湯島聖堂と同形。植木や芝生がきれいに刈られています。今回、初めて奥へ。林や敷石があり、敷 200109 (14).JPG 200109 (15).JPG地は広い。また、学校門脇には、稲荷社(合格祈願)や孔子の立像も建っています。

 

入徳門を出ると石畳の大門石畳通り商店街が続きます。 200109 (18).JPG 200109 (17).JPG

学校への出入り口には、二つ目の孔子の立像学校の石柱

左角にはゴールのまちなか遊学館が建っています。その後、駅へ戻ることに。

コースはお正月にちなんで「足利七福神めぐりハイキング」。 

足利

コース約8km足利駅右太平記館  スタート 鑁阿寺右心通院右本城厳島神社右長林寺右西宮神社右常念寺右福厳寺右史跡足利学校右足利まちなか遊学館  ゴール右足利駅

============================================

 

9時32分発の足利駅から桐生駅(両毛線上り3つ目)へと移動。桐生駅(9:48着)へ。

  

桐生」といえば「織物」の町。桐生川と渡良瀬川の二つの川が市内を流れるこの地は「西の西陣 東の桐生」といわれたほど織物の町として有名。まちなかには日本遺産の絹遺産群としての繭と絹200109 (21).JPG 200109 (23).JPG織物のスポットがいっぱい。

スタートは駅構内の「桐生観光物産館わたらせ」で受付

 

 

桐生は12月に続いて来訪。時間の関係で、南口から近距離で桃色の絹撚記念 新川公園へ。記念館前の道路は工事中。その先の新川公園で休憩。閑静なまちなかの公園 200109 (24).JPG 200109 (25).JPGで、元々は野球場だったため、グラウンド跡地が広大な芝生の広場になっています。園内のドーム型の施設では噴水もありますが、今は水枯れ。遊具施設も設置され 200109 (29).JPG ていて、 200109 (28).JPG 200109 (26).JPG見渡せる景色が癒されます。新川球場と稲川監督を慕う碑もあります。

 

その後、高い建物でマンションと間違えそうな樹徳高校前を通って、駅南口へと戻りました。駅前広場からは、晴れ渡った群馬の山並みがよく観えました。

200109 (30).JPG 200109 (32).JPG 200109 (34).JPG 

今回は「ロケのまち桐生!~あの作品のロケ地を巡ろう~」で新コース。

桐生

コースは約9km;桐生駅右 観光物産館「わたらせ」 スタート 西桐生駅右水道山記念館右桐生が岡動物園右桐生が岡遊園地右旧北中学校跡地右群馬大学工学部同窓記念会館右桐生天満宮右有鄰館右桐生倶楽部右桐生織物記念館右新川公園右観光物産館「わたらせ」ゴール 右桐生駅   

============================================

 

桐生駅(10:28発)から10駅先の高崎駅へ(11:20着)。なお、次の高崎線上りは11時23分発。

到着後、急いで改札口横の通用口できっぷを見せて、改札口前にある、駅ビジターセンター(総合案内所)へ。受付終了が11時30分だったので間にあいました。早速カード出すと、女性係員が中でスタート登録。同コースは数回歩いていたので、受付のみ。 急いで駅へ引き返し、高崎線ホームに下りてドアボタンを押して電車に飛び乗ると、1分もしないうちに発車。

次でも良かったのですが、帰ってから今月筋トレのペースが少ないこともあり、1本速い電車で帰宅。

高崎〕12月と同じ

コースは約12km高崎駅右駅ビジターセンター(総合案内所) スタート 群馬音楽センター右高崎市山田かまち美術館右観音山観光センター右白衣大観音右染料植物園右ひびき橋右洞窟観音右清水寺右高崎公園右高崎市役所21階展望ロビー右駅ビジターセンター(総合案内所) ゴール右高崎駅 

============================================

高崎から神保原駅ぐらいまで、田園風景と群馬の山並みがよく見えました。 

前日も電車にギリギリ乗ったりしましたが、本日も同様。またも帰宅後、筋トレに出かけて3km歩きました。

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • 200120 (42).JPG
  • 200120 (22).JPG
  • 200120 (41).JPG
  • 200120 (39).JPG
  • 200120 (40).JPG
  • 200120 (37).JPG
  • 200120 (35).JPG
  • 200120 (29).JPG
  • 200120 (32).JPG
  • 200120 (33).JPG

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25